日本異界図典
new

日本異界図典

Last 1

1,980 JPY

About shipping cost

監修 : 朝里樹 出版社 : G.B. 古くから伝わる民俗信仰や歴史の観点から、日本人が「異界」を通して築き上げた文化や伝統、社会を解説した1冊。 本書を読めば、神秘的な光景を目にした時に異界を感じるヒントが得られるかも。 【目次】 Prologue1 異界とは我々とは異なる魔と神が同居する闇の世界 Prologue2 異界の初出は 『古事記』 からで、江戸時代には娯楽文化に発展した Prologue3 異界の住人にまつわる伝承は全国津々浦々に存在している -------------------------------------------------------------------------------------------- 序章 物語から読み解く異界の世界 STORY 1 「竜宮城」 という異界を訪ねて時空を超えた浦島太郎 STORY 2 桃太郎も鬼と同じように異界の住人だった STORY 3 京の都をふるえあがらせた大江山の酒呑童子 STORY 4 月の都からやって来たかぐや姫の神秘性 -------------------------------------------------------------------------------------------- 第1章 空間と異界 山 海 墓 神社 門 橋 辻 水辺 屋敷 方角 時刻 他界 第2章 モ ノと暮らしと異界 言葉 しぐさ 左右と形 女 身体 遊び 動物 職 色 音 香り 第3章 行事と異界 正月 節分 端午の節句 雛まつり 雛まつり 夏越しの祓 七夕 お盆 お祭り 重陽の節句 十五夜 年越し 第4章 芸能と異界 能楽 文楽 舞 雅楽 茶道 相撲 -------------------------------------------------------------------------------------------- Column 1 複合的に絡み合 った異界という世界観 Column 2 水害が起こる場所に妖怪は出没しやすい Column 3 羽根つきや凧揚げにも 呪術的な意味合いがあった Column 4 伝統競技の流鏑馬は魔除けの儀式だった